札幌版次世代住宅

昨年の夏~秋に着工した2物件ですが3月に竣工し

2物件共札幌版次世代住宅のハイレベルを取得しました。

 

↓下記の物件は新栄工建さん施工です。

今回は初めてお付き合いをさせて頂きましたが、

仕事も丁寧で一生懸命な建設会社さんです!

 

↓こちらはアクト工房さん施工

南幌のモデルハウスでも一緒にお仕事をさせていただいております。

難易度の高い納めも どんどんこなしてる心強い会社さんです。

 

このように私たち設計者が設計した建物は

施工側の理解によりつくられ、クライアントへと引き渡されます。

感謝!感謝!

 

OPEN HOUSE のお知らせ

クライントのご好意により
札幌市内の住宅のオープンハウスを行わせていただきます。
3/24(日) AM10:00~17:00

見学を希望される方は、下記まで必要事項を明記しメールをお送りください。
後日、住所や地図をお送りいたします。

< 必要事項>
お名前・住所・年齢・電話番号・ご職業・ご予算・見学人数・見学希望時間・返信用メールアドレス
< 申し込み用メールアドレス>
oosugi@atelier-02.com

食事

朝、仕事をしていると

「お父さんご飯だよっ!」と寝ぼけ声の息子が声掛けをしてくれる。

夜は娘か、息子が朝と同様に「お父さんご飯だよっ」と声掛けをしてくれる。

一日の出来事や今後のことなどを話しながら笑いが絶えない食事である。

何気ないこんな日常を幸せと思う。

 

OPEN HOUSE Inside-Out

3/3(日) 13:00~17:00の間

南幌のInside-Outのオープンハウスを行います。

3月中旬に建物をお引き渡しするため見学ができるのは上記のみとなります。

※建物は引き渡し前ですのでお子様の管理を十分にご注意願います。

※現地に大杉はいますが、見学者が重なった場合等、なかなかお話ができない可能性がございます、お気兼ねなくお声掛けくださって構いません。

メール

大学を卒業した頃は今のようにメールも無く

電話やFAXが主な通信手段だった。

就職して数年でパソコンが一般となり図面もやがてパソコン作業となった。

今までは相手に対し、声や手書きで思いを伝えることで何となく感情も

分かりやすかった気もするがメールでは相手の気持ちなどが読み取りずらい

場合もしばしばある。

まして気軽に書けるメールだと1日に何度もメールのやり取りが行われ、

情報の速度も飛躍的に上がって便利になった。

一方で仕事柄図面を書く作業と計画を行うことに多くの時間を費やしたい

思いもあり、週明けのメールの返信作業に時間を取られると1日の満足感は

得られなく、どうもメール等はあまり好きではない。。。

先日、大きな地震があり、姉などから心配のメールが来ると思ったので

こちらからメールを打っていると、東北のクライアントさんからの

メールが入った。

地震を心配していただいてのメールであった、苦手であったメールであったが

優しい気分に自分もなれるようなメールをいただき感謝!

メールも良いものだと久々に思った。

後ろ姿

3月の引き渡しに向け2つの現場が追い込みです。

1つめの現場は気密工事も終わり下地及び仕上げ工事となり

クライアントの後ろ姿から喜びが伝わってきます。

この部屋からの景色いいね、ここから星が見えそうだねとか。

ホンワカした気分です。

 

足場も外れ外観も現れました。

これから会社帰りはこっちの道から帰ろう~と(笑)

家のど正面を見ながら帰るそうです♪

 

別のもう1物件

こちらも下地、仕上げ工事となり追い込みです。

やはり現場を見ながらニンマリのクライアントさん

窓からの風景を見て、この景色いいね等々

ここはこだわりたいんですよね~と、ここはが沢山あるこだわり性のご主人(笑)

現場で笑い声が響き渡ります。

 

階段も設置され家らしく空間が出来上がってきました。

 

 

less is more

会社のラジオから先日「less is more」という文字が聞こえてきた。

建築を学んだ人の多くはおそらくこの言葉を耳にしたことがあると思う。

この数日間この文字が意味する、建築以外の事についても深く考える。

私たちが住む日本の文化の中には余分なものをそぎ落とし、

そぎ落とされた余白の中に無限を感じる独特の美学が多くあり

とても豊かな文化をもった国だと思う。

しかしながらこの頃の自分の身の回りはどうか?と考えると

何が正しいのか?正しくないのか?情報が散乱し物事の分別さえ

できないようなニュース等が多い気がしてならない。

心を整え不要なものをそぎ落とし、飾ることなく豊か生活をしたいと

思う言葉に改めて出会えた。

 

less  is  more

 

 

 

まっちゃん

南幌プロジェクトで知り合った、アクト工房の松澤さん

通称「まっちゃん」

いつも電話に出ると「ガハハハハッ なんすか?」と笑いから入り

電話口の私も笑顔にさせてしまうマジックの持ち主。

さらに、常に前向きで後ろに進むことを知らない強靭な精神力。

職人不足にインフルエンザで大工が一時居なくなってしまい、

急遽まっちゃんが大工に、なんとかしなければと日曜日も働いてくれた。

建築を作るこんな素敵な仲間と出会えたことに感謝!

朝起き

この時期仕事もタイトで朝起きがつらい。

今日も5時に起きるが仕事で疲れているし。。。

と寝ぼけながら2度寝をするための口実を探す。

洗面へ寝ぼけながらも歩くと娘の部屋のドアからもれる光

子供が夢に向かって頑張っているのに負けられん!と目がさえる。

娘に感謝!