引き渡し

今回はマンションリフォームです、限られた器の中でどのような空間を作るか
新築も楽しいけれど限られた中での物づくりも楽しいものです。
今回はタモ材を用いて、いつもより質感をだしつつ、クライアントさんと選んだタイルも同様に質感があるので程よく納まったと思います。

既存のテーブル天板とベンチの座板は、この空間に合うように同じ材で作り替えました、いい感じにこちらも馴染んで納まりました。

写真撮影は夏ころの予定です。

ADWと現場

いよいよ始まった旭川デザインウィーク/ADW

現場の引き渡しの後に「バウハウスと旭川」展に行ってきました。

大学時代~現在に至るまでお世話になっている大矢先生や石田先生にも会え大矢先生と記念撮影です。

石田先生のアトリエコアにも寄らせていただき美味しいコーヒーまでいただきました、学生時代の思い出や仕事の話等々、、、楽しい時間を過ごさせていただきました。

こちらは石田先生のアトリエです、落ち着くなんとも言えない空間ですね。

こちらは2018年の3月頃にお話をいただいた盛岡の住宅の敷地です、いよいよ実施設計に入り8月の着工を目指します。

こちらは大詰めのマンションのリフォーム、この頃はこのようなリフォームの問い合わせも増えつつあります。

室内の天井は梁型をある程度一緒にすることで、当時より少々低くはなりますが、すっきることでむしろ広々とした落ち着いたイメージになっています。

フローリングも単板(無垢)の厚い防音フローリングに変更し内装で用いる木材は今回はタモ材としました、ナラ材に比べ少し木目がハッキリしているので存在感がさらに出ています。

お客様が使っていた単板貼りのナラのテーブルもだいぶ痛んでおり、今回のリフォームと一緒に天板を取り換えて天板のサイズも今回の空間に合わせ大きくしました。足はそのままです(天板はまだ塗装前なので色の違いがありますが、塗装をすればあめ色になり、違和感もなくなります)

現場など

いよいよ始まったマンションのリフォームです。
工事は独立前に私が担当していた岩盤浴の工事を行ってくれた「アービル」さんです。店舗やマンションリフォームは非常に手慣れております。

リフォーム前

手際よく解体を行い、軽量で間仕切りや天井の高さなどを変更、調節します。
色々な部分で梁型が異なっており、空間がスッキリ見えないのであるラインで高さを揃え整えます。床も貼り替えるため、既存の床を剥がし、きれいにコンクリート表面が出るまでノリなどを剥がしました。

間仕切り撤去及び天井下地等

軽量鉄鋼を組んだら、石膏ボードを貼りその後パテ処理となります。
少しづつすっきりした空間が見えてきました。

ボード貼り終了

こちらは2週間前に始まった鉄骨の建て方です。
森に向かって空間が伸びています、どんな景色になるか?楽しみです。

鉄骨建て方

こちらは先日雑誌の撮影をしましたSkyCourtさんのドア
真っ白なペンキの引き込み戸だったわけなんですが、引き戸をだしますと
家族の成長の印がかわいらしく刻まれているではありませんか!
クライアントさんナイスで~す♪かわいい。

引き戸に貼ったかわいらしい背比べのシール

後ろ姿

3月の引き渡しに向け2つの現場が追い込みです。

1つめの現場は気密工事も終わり下地及び仕上げ工事となり

クライアントの後ろ姿から喜びが伝わってきます。

この部屋からの景色いいね、ここから星が見えそうだねとか。

ホンワカした気分です。

 

足場も外れ外観も現れました。

これから会社帰りはこっちの道から帰ろう~と(笑)

家のど正面を見ながら帰るそうです♪

 

別のもう1物件

こちらも下地、仕上げ工事となり追い込みです。

やはり現場を見ながらニンマリのクライアントさん

窓からの風景を見て、この景色いいね等々

ここはこだわりたいんですよね~と、ここはが沢山あるこだわり性のご主人(笑)

現場で笑い声が響き渡ります。

 

階段も設置され家らしく空間が出来上がってきました。

 

 

まっちゃん

南幌プロジェクトで知り合った、アクト工房の松澤さん

通称「まっちゃん」

いつも電話に出ると「ガハハハハッ なんすか?」と笑いから入り

電話口の私も笑顔にさせてしまうマジックの持ち主。

さらに、常に前向きで後ろに進むことを知らない強靭な精神力。

職人不足にインフルエンザで大工が一時居なくなってしまい、

急遽まっちゃんが大工に、なんとかしなければと日曜日も働いてくれた。

建築を作るこんな素敵な仲間と出会えたことに感謝!

現場や設計、計画の追い込みなどなど

昨年末は31日まで仕事を行い、年明けは3日から仕事をはじめ

春の竣工に向け現場の往来、施工図チェック、現場からの要望で詳細を書いたり

春着工の計画を行ったりと、この季節はとてもハードです。

巷では働き方改革と言うけれどそんな単純にはいきません。

自分の場合ですが(スタッフは日曜、祝日、土曜日は各週はお休みです)日曜、

祝日も打ち合わせが入れば働き、朝4時~5時に起きて静かな時間に

仕事を進める毎日。

独立したらむしろ以前に比べて働いている時間は多くなっているかも知れません(笑)

さて、そうは言っても年齢を重ねるにつれて耐力も衰えるでしょうから

そろそろ仕事を効率的に進めるための手段を考える必要がありそうです。

現在は2Dと3Dを別々のソフトを使って図面の作成やプレゼンを行っていますが

プレゼンから実施設計まで2Dと3Dを一つのソフトで行い一気に効率化できれば?

と。。。

そうすることで時間短縮を行い自分の時間をもう少し持ちたいと。。。

 

さて、現在市内の現場ですが

無垢材のフローリングは貼られ、いよいよ大詰めです。

一枚一枚フローリングを確認しながら貼っていく作業、

当然天然素材なので伸び縮みもあり、微妙な調整をしながら

貼っていくこととなります。

やはりそんな簡単に建設業界は機械に頼った作業とはなりにくい

のかもしれません。それがむしろ楽しいのですが、、、

 

こちらは外壁の下地と板金が終わり、外回りも追い込み中です。

寒い中、職人さんご苦労様です。

 

 

 

現場

2月の竣工と5月の竣工物件などで現場を飛び回っているこの頃、

昨日は来年始めるマンションリフォームの打ち合わせ、

その後に旭川に行く予定で余裕をみた3時間の移動時間を取っていましたが。。。

大雪と年末の挨拶の車などで大渋滞、中央区から高速に乗るまでに。。。約1.5時間

を費やし。。。結局は打ち合わせに30分ほど遅れてしまいました。

その後打ち合わせを終え今度はまた、140㎞ほどの雪道を帰る(泣

眠気を飛ばすため、たまに窓を全開に開け頭が凍るような風を浴びようやく帰路。

今日はさすがに5時に起きれず、、、6時半に起床。

きれいな朝陽を浴び今日も元気に頑張れそうです!

さて現場ですが

↓札幌版次世代住宅のハイレベル住宅も着々と現場進行中です、

なかなかいい雰囲気となってきました

↓こちらも同様に札幌版次世代住宅ハイレベル

洋服の様な模様はネオマフォーム(断熱材)を貼ったところです。

現場

いよいよ札幌も雪となりました。

現在工事が進行している3物件も今まで助かっていましたが。。。

さて、中央区の現場は上棟しこれからサッシの取り付け工事等に入ります。

屋根は近隣への雪の問題もあるためシート防水でフラットです。

構造用金物も設置し耐震性を高めます。

次は清田区の現場です。

こちらは1階までが組みあがり、今後2階です。

カーポート周りには2階の荷重と積雪荷重もかかるためスプルスではなくダフリカ

材でスパンを飛ばします。

下の写真の赤い部材も同様です。はやり雪国は積雪や温熱環境などクリア

しなければならない課題が多く大変ですね。

下は来年着工予定の敷地です(春の写真です)

3月にメールをいただき、その後計画が始まり現在、

来年に向けて計画真っ最中です。

下の物件も来春着工予定の物件です、こちらはすでにおおよそのプランがまとまり

概算図を終え、概算見積もり真っ最中です。

その他の物件も順次計画等をしておりますのでクライアントさん

少しお待ちくださいね!

現場

今年の木造物件2物件はBELSを取得し

さらに札幌版次世代住宅のハイレベルで建物を作っている。

Uaは 0.21と0.2とかなりのハイスペックである。

RCの物件も外断熱で木製のトリプルガラスを用いた設計としている。

これらの建物が現在工事真っ最中です。

後日、現場状況をご報告したいと思います。