BELS

現在工事を行っている建物のBELS申請の評価が下りた。
2年前から木造住宅は全棟BELSの評価を行うことに決めている。
だからと言ってどうというわけではないが、数字で見ると目安が分かり悪いことではない。目で見えない快適さも同時に目指したいと思う。

省エネ適合義務化見送り?

フランス・パリで開催されていたCOP21が採択され、各国々が削減目標へ向け

いよいよスタートとなります。

住宅業界は省エネ適合義務化に向け動いていると思っているさなか、

300㎡未満の建物は適合義務化見送り?

という情報がチラホラ。。。

これから自分の家が欲しいとおもっているクライアントさん

はどう思うのでしょうか?

ちなみに平成11年基準のUa値は北海道で0.46w/m2・k

今は平成何年でしたっけ???

平成30年、、、19年前の基準に適合義務化ができない???なんてあるの?

ビックリです。

 

ちなみに札幌が取り組んでいる札幌版次世代基準

最低がミニマムレベル、おそらく補助金が出ないこともありますし

ミニマムで申請すると、むしろ会社のイメージダウンになるので

申請する会社は無いと思います。

弊社も今年はハイレベルで2物件を申請(0.2と0.21です)、

Ua値でいえば0.22w/m2・k以下なので平成11年レベルの半分以下です。

 

申請件数を見てみるとスタンダードの申請が多い。

Ua値=0.28w/m2・k以下なので11年基準を楽にクリアしている状況

もちろん応募している建築関連業者の意識が高いことは当然あると思いますが

名前からも分かる通り北海道のスタンダードレベル

(おそらく壁で200㎜断熱程度)がこの辺と行政は示している、

応募結果の件数を見ても北海道のスタンダードのUa値が見えてくる気がします。

あなたの依頼する住宅のUa値はさていくつ?

 

※1:Ua値=室内の床、外壁、屋根(天井)、開口部から外部へ逃げる熱量の

合計を外皮面積(床、外壁、屋根(天井)、開口部の面積)で除した値。

値が小さいほど熱が逃げにいことを意味しています。

 

※2:上記※1からも分かるとおり、用いる断熱材や窓の性能、窓の大きさや

外皮面積等を計算しUa値は求められますので200㎜断熱をするれば

Ua値〇〇ですと単純にはなりません。

 

 

 

 

 

建物の断熱性能を改めてQ値から考える

Q値からUa値表示にすでに変わっておりますが、いま一度Q値(熱損失係数)を考えてみましょう。
Q値とは室内外の温度差が1℃の時、家全体から1時間に床面積1㎡ あたりに逃げ出す熱量のことです。
逃げ出す量を意味していますから、当然数字が小さくなればエネルギーが逃げ出しにくい家を意味します。

北海道のような寒冷地では(改正前の省エネルギー基準(H11年基準))
1.6w/㎡k以上が指針で定められていました。

札幌では独自に札幌版次世代基準や北方型住宅ECO等では1.3w/㎡k以下といった一定の性能を過去に設定し地元のビルダーや設計者が一生懸命実践してきました。

上記を具体的に数字で比べてみますと

設定条件:室内温度を21℃とし、外気温を-10℃とします。また、建物が120㎡(約36坪)
Q値1.6の場合
1.6×120×(21-(-10))=5952w
Q値1.3の場合
1.3×120×(21-(-10))=4836w

5952-4836=1116Wの差
上記は単純なQ値1.6と1.3の1時間の消費エネルギ-の差です。
仮に1kw=25円(電気料金)としますと
1.116×25=27.9円/h
24時間×27.9円=約669.6円
669.6円×30日(1か月)=20,088円の差となります
(設定条件を常時、外気-10℃としているのでこれほどの差にはなりません)
これを暖房を行う期間、この家で過ごす1年、そして一生の期間、子供に受け渡した後のことを考えるといかがでしょうか?

必然と断熱性能を上げることが良いことが分かるのではないでしょうか?